勇者「世界の半分くれるって言ったのに」幽霊船と虚像の城クリア

勇者「世界の半分くれるって言ったのに」

とある理由で、第7の城【幽霊船と虚像の城】クリアまでやることになった、勇者「世界の半分くれるって言ったのに」というゲームについて書いていきます。

4日目にクリアできました。「広告さえ見てればいい」という感じで終わりました。

 

スポンサーリンク

プレイ日数は4日

プレイ3日目に、第7の城で仲間を増やせなくなった後、ソウルリバースをして92個のダイヤを受け取りました。

今までの育成のおかげで、その日のうちに第7の城へ戻ってくることができました。

再び近衛兵を出して、3日目は終了。

 

4日目は動画視聴でゴールドとダイヤを増やす作業です。

入手したゴールドは近衛兵のレベルアップに使い、余りが出たら召喚呪文などのレベルアップをしました。

数回の動画視聴で、第7の城をクリアできました。

クリアデータ詳細

総プレイ時間は19時間18分58秒でした。

この数字はオフライン放置の時間を含まないので、実際にはもっと長い時間遊んでいます。

ゲームを表示させて操作した時間の合計でしょうか。

 

クラスアップ回数は18回。

20回達成の攻撃補正+300%を狙っていましたが、ダイヤが足りませんでした。

ゲーム序盤に貴重品などにダイヤを使ってしまったので、無駄遣いをしなければ回数が増やせたと思います。

 

第7の城クリア時の勇者のステータス。

クラスアップとソウルリバースで攻撃力のほとんどを占めています。

ゲーム序盤のソウルリバースが大事です。

クラスアップ回数の報酬でも攻撃力が上がるので、後半までダイヤを使わないことが大事ですね。

 

第7の城クリア時で近衛兵のレベルは441でした。

最後の仲間なので近衛兵のレベル上げをしていました。勇者と比べて攻撃力がかなり少ないです。

まとめ

放置で集まるゴールドはそれほど多くないので、何回広告を見るか?が大事なのだと思います。

放置ゲームのように思っていましたが、広告を見るために数分ごとにチェックするゲームでしたね。

4日目に終わっていますが、やることが単調なので、動画でも見ながら遊ぶのがちょうど良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました