ロードモバイル 保護期間が終わるとこうなる

ロードモバイル

基本無料のスマホゲーム「ロードモバイル」の話です。

私が遊んでいる王国(サーバー)で保護期間(90日)が終了してから30日が経過しました。

初心者救済措置である王国保護。それが終わったらどうなるのか?私の王国の話になりますが、プレイヤーランキングのパワー変化と、毎日の襲撃・タイルキルなどの様子を書いていきます。

 

スポンサーリンク

私のパワーとランキング

王国保護が終わる最後の日、私のパワーは27M(2700万)でした。

城レベル25、保管庫と鍛造所がレベル25になっていました。

 

この時、王国のプレイヤーのパワーランキングは268位

ランキング100位内に100M(1億)超えのプレイヤーが51人

100位のパワーが63M(6300万)です。

私のコロシアムランキングが245位という状態でした。

 

まだ平和な王国でしたが、王国保護が終わる2週間くらい前に、若い王国から課金勢の移民が入ってきて、タイルキルや襲撃などが増え始めていました。

王国保護終了30日経過

王国保護が終わり30日が経過しました。

パワーランキングは、100位内に1B(10億)超えのプレイヤーが60人

100位のパワーが922M(9億2200万)です。パワーランキング上位はすべて移民です。

 

王国保護が終わって1週間くらいで、私はランキング外(3000位以下)になっています。

コロシアムのほうも2000位前後まで落ちました。そこまで落ちてもまわりは強い人だらけです。

 

強い人がどんどん入ってきて、何もできなくなりました。保護期間が終わったらやめる人がいるというのも頷けます。

採取に出してもタイルキルで負傷兵になるので治療費で赤字。結果何もしないほうがマシ。

ギルドのコロニーにも毎日のように襲撃があります。やり返そうにも、パワーの差が数十倍あるので何もできないですね。

保護期間が終わったら、違うゲームが始まると思ってください。

コロシアムのGuard.2000

コロシアムに上画像のようなアカウントを見たことがあると思います。

これは、ランキング内に移民が発生したとき、それを穴埋めする代理のアカウントです。

戦力も弱く、誰でも勝てるのでありがたい存在です。

しかし、王国に移民が増えてくると、この「Guard.2000」も増えることになり、本格的に王国が終わりかけている証拠となります。

そうなってくると、あなた自身も移民を検討したほうがいいでしょう。

自衛が大事

これだけパワーの差が大きいと、原住民である我々にできる事はありません。ギルドに助けを求めても無駄でしょう。

自分の城は自分で守る必要があります。バリアを貼り続けることができれば一番いいですが、遊び続けるためだけにリソースを消費していては、成長できません。

私は、城を空っぽにすることで対応しています。兵はシェルターに入るだけ持ち、ロードと共に12時間以内に残り時間を更新。

城壁と罠を見捨てることになりますが、仕方ありません。城壁に関しては修理せずに放置したほうがいいです。毎日のように城が焼かれるので修理が追い付きません。

罠は無理しない程度に作っています。気休め程度ですが、相手を何人か倒せますので。

王国保護は成長期間

ゲームを始めたばかりの時は、のんびりと遊べて楽しいと思います。

ですが、王国保護の90日間は、必死に資源を集めてレベルを上げる成長期間です。

比較的安全な時期に、できるだけたくさんの資源を集め、来たるべき日に備えましょう。

 

研究のレベルが上がるにつれて、要求される資源も大量に必要です。資源がない、生産量も少ないとなると、採取もできないのでゲームが詰みます。

しっかりと用意をしておいてください。毎日戦闘が発生する今の状態が、このゲームの「正常」です。

移民も検討しよう

毎日攻撃され続けるくらいなら、移民しようという流れになると思います。

移民には、「王国間移民の巻物」が必要です。ギルドコイン81万枚か、移民パックに課金すれば入手できます。

交換しておかなくてもいいので、ギルドコインを81万枚以上貯めておきましょう。

 

移民先の王国でも保護期間が終わっているので、安全ではありません。戦闘がなくなることはないので、自衛を徹底して自分の城を守ってください。

まとめ

保護期間については話を聞いていたし、自分でも調べていたつもりでしたが、想像をはるかに超える酷さでした。

私の所属するギルドでも、もう無理ということで、移民&ギルド合併の話が出ています。

自衛さえしっかりできていれば、何とかなると思っているので、時間をかけて研究を進めていこうと思っています。皆様も頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました